コア事業に集中するためのIT環境を
最適な規模・コスト・技術で実現します

SINCE 1968年 歴史あるIT運用

シーイーシーのデータセンターは、お客様のデータをお預かりするだけの施設ではありません。
「ITはお客様の本来の課題を解決するための道具にすぎない」――それが、45年以上に渡って大企業・官公庁を始め多くの企業からご愛顧いただいている当社の信条です。多様な経験と技術を持つエンジニアをそろえ、緻密なサービスと技術で奉仕する当社のデータセンターは、お客様がコア事業に集中し、より深くより大きく発展するためのIT環境を最適な規模・コスト・技術で実現する戦略基地なのです。
これまでも、そしてこれからも、データセンターを通してお客様の事業とご要望に寄り添い、きめの細かい対応力で業界トップクラス品質のITサービスを提供しています。

1.構築サービス

初期費用0円のDCスターターパックを始め
クラウド、BCP/DR、デスクトップ仮想化にも対応

長年蓄積してきた構築経験を生かし、お客様のあらゆるご要望にお応えします。
全国5拠点に展開するさまざまな個性を備えたシーイーシーのデータセンターでお客様ごとに最適のサービスを提案します。初期費用0円で回線とサーバーを含むITインフラがすぐにそろう「DCスターターパックデータセンターの利用をすぐに始められるパック。初期費用0円で、①ラック②サーバー×3台③100Mbps共有回線④FireWall⑤電源10A⑥運用サービスの6点セットで11万6000円/月から。→ 詳しくはこちら」、最小1ユニットから利用可能な
ユニットベースハウジング通常、ラック単位または1/2、1/4ラックでの利用が一般的なデータセンターをその数十分の一に相当する「ユニット」単位で利用できるサービス。サーバーハウジングだけの料金は1ユニットあたり2万円/月。→ 詳しくはこちら」、起業に適した低コスト低リスクの「インキュベーションサービス1ラックが10万円/月から利用できる、起業や新規事業向きの低リスク低コストのサービス。契約が1か月単位なので事業状況に応じたすばやい再編が可能。→ 詳しくはこちら」など手軽なメニューを豊富に用意しました。

さらに、SLA99.99%の高速高性能クラウド
BizVision PLUS Privateインターネットを通じてサービスを行うクラウドシステムをデータセンター内にユーザー専用で構築するサービス。クラウド環境を共有する「Public」と、FireWall以外は専用となる「Private」などの種類がある。→ 詳しくはこちら」、BizVision PLUS Publicインターネットを通じてサービスを行うクラウドシステムをデータセンター内にユーザー専用で構築するサービス。クラウド環境を共有する「Public」と、FireWall以外は専用となる「Private」などの種類がある。→ 詳しくはこちら」、
アマゾンのクラウドサービスAWS向け導入・運用サービス
Secure Program on AWSAWSの導入・運用のために、トレンドマイクロ社のセキュリティサービスとシーイーシーの構築/運用/サポートサービスをパッケージで提供。→ 詳しくはこちら」、さらに「BCP/DRサービスBCP/DRは、Business Continuity Program / Disaster Recovery(事業継続計画/災害復旧)の略。情報システムが災害や事故により広範囲かつ甚大な被害を受けた際、適切に業務を継続するための取り組みを支援するサービス。→ 詳しくはこちら」や仮想デスクトップインフラの構築まで、お客様のご要望とご相談に応じて柔軟に対応します。

2.移行サービス

移行・移設にともなうシステム事故は
創業以来 0件
長年積み重ねてきたノウハウの確かさの証明です

事業の基幹システムをメインフレーム、AS/400などのレガシーシステム従来から企業の基幹システムなどに利用されてきた大型/中型コンピュータ。「レガシーシステム」とも。サーバーやPCにダウンサイジングするのが近年の傾向だが、移行時のシステム事故や使い勝手の悪化を懸念して使い続けている企業も少なくない。→ 詳しくはこちらや現在利用中のデータセンターから移行したいが、切り替えによるシステム事故が心配だというお客様が数多くいらっしゃいます。近年のM&Aにともなって基幹システムを統合するケースを見ても、残念ながら移行時にしばしばシステム事故が起きているのは事実です。
しかし、シーイーシーにおいては、1968年の創業以来、ときには一度に1500台のサーバーでのケースを手掛けながらも、移行・移設に伴うシステム事故はこれまで1件もありません。

つねにあらゆる事態を想定し、万が一のときに元に戻れる工夫を施しながら、場合によっては当社負担で人員・作業を追加してでも、必ず移行・移設を成功させる――このポリシーを堅持し、ノウハウを積み重ねてtきた結果が「0」という数字です。
とくに、レガシーシステムについては、そのシステムでの運用経験とノウハウを持つ技術者が担当し、運用と移行を確実に実行します。近年のUnix/Linux、Windowsのサーバーはもちろん、レガシーシステムをも熟知しているエンジニアの層が厚い当社ならではの得意分野です。
また、日々の業務に負担をかけない時期、時間内の作業で移行を完了する迅速さもお客様のご好評を得ています。

3.運用管理サービス

ITIL準拠の高品質な運用管理と層の厚いエンジニア
お客様に選ばれる最大の理由です

ITIL準拠 シーイーシーのエンジニアスタッフは全員ITIL有資格者です。

シーイーシーでは、お客様ごとに1人のシステムエンジニアが一貫してマネジメントする担当制を採用しています。担当エンジニアは、お客様の事業にかかわるシステムの運用業務を熟知し、多様な専門エンジニアによるプロジェクトチームを組織して、各種の調整・調達、進行管理から成果達成まで、お客様とともにプロジェクトを進めていきます。
ITサービスの国際標準ITILに準拠した高品質の
運用管理サービス専門エンジニアがITシステムの障害対応から保守管理に加えて、運用コストの削減まで多岐に渡って支援する総合的なサービス。→ 詳しくはこちら」と、これを支える層の厚いエンジニアたちこそ、当社のデータセンターがお客様に選ばれる最大の理由です。

当社にITシステムの運用管理を任せていただくことで、お客様はコア事業に集中し、さらに当社の専門エンジニアによるコストの最適化によって、IT業務の効率化とコスト低減の両方が可能になります。
お客様の事業を第一に考える当社は、ご要望とご相談に応じて臨機応変のサービス体制で対応しています。
マネージドサービスITシステム管理業務の中でも担当者の負担となりやすいFireWallやサーバーの負荷軽減(ロードバランサ)の設置などを中心とした運用管理サービス。→ 詳しくはこちら」など各種の運用管理サービスのほか、おもにレガシーシステムのお客様向けに「印刷業務」なども提供し、さらに、ご要望に応じてビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)サービスのご相談も承ります。