IPv6サービスIPv6

IPv6への移行をトータルでサポートIPv6への移行をトータルでサポート

IPv6サービスは、IPv6の機能の活用を検討されているコンテンツプロバイダ、ISPなどのお客様向けに、IPv6用のインターネットコネクティビティをはじめとして、コンサルティング、検証、移行などの支援を行うサービスです。

このサービスは東京第1、第2データセンターにてご提供いたします。

IPv6接続サービス

東京第1、第2データセンターにて、ハウジングサービス、インターネット接続サービス(イーサネット接続)、専用線トランジットサービス、レンタルサーバサービスをご利用のお客様にIPv6用ポートをご用意します。

IPv6専用ポートからネイティブ接続でバックボーンネットワークに直結することにより、既存IPv4ネットワークとは独立したIPv6専用の高速ネットワークの構築が可能となります。

IPv6の導入メリット

セキュリティ強化

セキュリティ強化

送信するデータを保護する「IPsec(アイピーセック)」を標準搭載し、 指定された相手以外は、送ったデータの中身を見ることができません。
IPv4では、セキュリティ対策でSSLなどの暗号化の機能を使わなければ第3者にデータを見られてしまう恐れがあります。

簡単になるインターネット接続

簡単になるインターネット接続

IPv6では機器を回線へつなぐとIPアドレスを自動生成するため、従来のIPアドレスの設定作業が必要ありません。ネット家電など、消費者向けの機器のネットワーク接続が簡単になり、ビジネスにおいてもIPアドレスやLAN管理の手間が軽減されます。

効率化される情報機器同士の通信(ピアツーピア方式)

効率化される情報機器同士の通信(ピアツーピア方式)

通常、大きなファイルを送る際に、ファイル転送やファイル保管などのサービスを利用する必要がありましたが、IPv6では、特定の人から特定の人へ直接データを送ることができるため作業の効率化を図れます。

運用が容易になるマルチキャスト

運用が容易になるマルチキャスト

IPv4では1対1のデータ送信しかできず、人数分の送信が必要な為、ネットワーク負荷が増えてしまい、運用管理が大変になります。
IPv6では同じデータを複数の人へ同時送信するマルチキャスト機能がサポートされているため、送信は1度でOKです。ネットワーク負荷が軽減され、送信グループのアドレス管理を行えばよいので運用管理がしやすくなります。