h1_ttl2BCP/DR対策

BCP/DR対策は企業にとってもはや必須のミッションです。 BCP/DR対策は企業にとってもはや必須のミッションです。

企業において、障害や災害が発生した場合に、いかに迅速・確実にシステムをリカバリできるか、また、多くの重要なシステムを効率的にバックアップできるかは重要なIT課題です。BCP/DRサービス※は、情報システムが災害や不慮の事故などで、
広範囲かつ甚大な被害を受けた際に、適切に業務を継続するための取り組みを支援するサービスです。

※BCP…業務継続計画(Business Continuity Plan)
DR …災害対策(Disaster Recovery)

BCP/DR計画の重要ポイント

BCP/DR計画で重要となるのは、事業の要件定義を理解し、何をどこまで復旧させるかを、機能とコストの観点から明確にすることです。
そのパフォーマンスの指標となる重要な数値が以下の3点となります。

①コスト…RPO,RTOの目標を達成するためのITコスト

②RTO …業務を復旧させるために要する時間(Recovery Time Objective)

③RPO …業務をどの時点までさかのぼってデータを復旧させるかを示す。(Recovery Point Objective)
RPOは、決められたRTO(目標復旧時間)内に、どの時点のデータを復旧させるかの地点を意味します。

【例】
RPO=0秒:損壊する直前までのデータを復旧させる
RPO=1日:損壊する1日前までのデータを復旧させる

DRソリューションサービスの概要

「DRソリューション」は、バックアップに物理ストレージと安価で増設が簡単なクラウドストレージを利用することで、より堅牢なデータ保護を可能にしました。災害時のシステム復旧を、バックアップ基盤構築から運用~クラウドストレージ課金まで、ワンストップでご提供します。

DRサービスの特長

特長1

確実なDR運用でBCP対策を実現
一次バックアップはQNAPストレージに、二次バックアップは、Azureストレージにレプリケートするので、二重の障害時でも重要なデータを損失させません。Azureのセキュリティは、ISO 27001/FISMAなど、数多くの厳格なセキュリティ基準に適合しています。



特長1

面倒な設定や運用管理は全ておまかせ
パブリッククラウドの利用にあたり、システム設定や障害対応などの運用ノウハウは、時にビジネスを大きく左右させます。面倒な設定や運用管理は、全ておまかせください。



特長1

月額利用モデルでご提供
手軽に始められる小規模向けストレージから、高機能/高信頼性を誇るハイエンドモデル3機種を月額利用モデルでご用意しました。お客様の利用シーンに合わせてお選びください。


サービス内容

 【初期スポット作業 — オプション】

作業
ラックマウント作業
Active Directry 連携設定
P2Vソフトウェア導入
スケジューリング
リストア検証



 【1stバックアップ — QNAPストレージ】

モデル名 エンタープライズ ミッドレンジ エントリー
製品モデル ※1 12TB HDD搭載モデル 8TB HDD搭載モデル 4TB HDD搭載モデル
メモリ スロット 4(空き2) 2(空き1)
サイズ 8GB 4GB
HDD タイプ ニアラインSATA
実容量 10TB 6TB 2TB
ベイ SATA 6Gb/s ×12 SATA 6Gb/s ×8 SATA 6Gb/s ×4
RAID構成 RAID5(ホットスワップ1)

  •  ※1…添付のラックマウントレールキットは、丸穴タイプのサーバーラックには取り付けをすることができません。

 【2ndバックアップ — Azureストレージ】

モデル名 エンタープライズ ミッドレンジ エントリー
Azure Storage ページBLOB(LOCALLY REDUNDANT STORAGE)
提供リージョン 東日本
提供容量 ※2 2.0TB 1.2TB 0.4TB

  •  ※2…1GB追加毎に課金されます。

・最低ご契約期間は2年となります。
・2年超過時、1ヶ月前までのご解約のお申し出がない場合、1年毎の自動延長となります。
・バックアップストレージの容量追加も可能です。
・Azureストレージへの書き込み、読み出しに必要なインターネット回線は、お客様側でご用意ください。
・QNAP、Azureストレージを含めた、お客様環境全体のアセスメントや設計・構築も承ります。
・記載されている会社名、製品名などは、弊社または各社の登録商標または商標です。




 【バックアップソフト】

  QNAPストレージのバックアップソフトをお持ちでないお客様へ、下記製品の販売も行っています。

Acronis Backup
for Windows Server
Windows 2000 SP4: Datacenter Edition を除くすべてのエディション
Windows Server 2003/2003 R2: Standard/Enterprise(x86/x64)
Windows Small Business Server 2003/2003 R2
Windows Vista: すべてのエディション(x86/x64)
Windows Server 2008: Standard/Enterprise/DatacenterWeb(x86/x64)
Windows Small Business Server 2008
Windows 7: すべてのエディション(x86/x64)
Windows Server 2008 R2: Standard/Enterprise/Datacenter/Foundation/Web
Windows MultiPoint Server 2010/2011/2012
Windows Small Business Server 2011: すべてのエディション
Windows 8/8.1: Windows RT Edition を除くすべてのエディション(x86/x64)
Windows Server 2012/2012 R2: すべてのエディション
Windows Storage Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2
Windows 10 – Home/Pro/Education/Enterprise
Acronis Backup
for Linux Server
Linux(2.4.20~4.4および4.0/4.1のカーネルおよびglibc 2.3.2以降)
以下を含む、各種32ビット(x86)および64ビット(x86/x64)
Linuxディストリビューション Red Hat Enterprise Linux 4.x – 7.x
Ubuntu 9.10 – 15.10
Fedora 11 – 23
SUSE Linux Enterprise Server 10 – 12
Debian 4 – 8.2
CentOS 5.x – 7.x
ClearOS 5.x – 7.x
Oracle Linux 5.x – 7.x Unbreakable Enterprise/Red Hat互換カーネル
Acronis Backup
for PC
Windows 10 (x86/x64)
Windows 8/8.1 (x86/x64) – Windows RTエディションを除く
Windows 7 (x86/x64)
Windows Vista (x86/x64)
Windows XP Professional SP2以上 (x86/x64)
Windows 2000 Professional SP4