BizVision PLUS 400

まだまだ利用されている「AS/400」

「AS/400」。30年以上経過した今でも、 業務との定着度、運用の安定性などの理由から、
企業の基幹システムや重要な業務システムとして、まだまだ現役で利用されているものも少なくありません。

AS/400の課題

  •  早急にリプレース対応したい

    • ●容量制限を気にせずリプレースをしたい。
    • ●ハードウェアの寿命がすでに尽きている。
    • ●保守契約の更新時期が近い。
  •  技術者不足、運用コストを改善したい

    • ●技術者不足を解消したい。担当が退職してしまった。
    • ●運用保守の作業は、アウトソーシングしたい。
    • 「AS/400」とWindowsの運用による二重投資を避けたい。
  •  システムの災害対策を講じたい

    • ●災害に備えてICTシステムの安全性を高めたい。
    • ●災害時のICTシステムの停止による損失を抑えたい。
そんな「課題」を解決します
BizVision PLUS 400

BizVision PLUS 400で解決

  • 1クラウド活用による計画的ICT投資

    「AS/400」※上の業務システムをオープン環境に移行するなどのICT投資について、ご予算の状況やお客様の負荷に応じて柔軟に計画できるようになります。

    ※「AS/400」の後継である「iSeries」「PowerSystems」にも対応いたします。
  • 2AS/400技術者による移行と運用

    「AS/400」の運用管理を専門技術者が対応。数多くのお客様にご活用いだいている堅牢なデータセンター基盤の上に業務システムをお預かりいたします。
  • 3災害対策完備のデータセンター

    全国5カ所のデータセンターを活用した災害対策環境を完備。
    お客様のビジネスの継続性をサポートいたします。

移行事例

全面移行

・メインフレームの販売システムをAS/400へ移行
・大量帳票出力に対応した基幹業務システムの移行

ジョブスケジューラ移行

・運用管理ツールA-AUTOからAUTO400への移行

データベース移行

・DL/1からDB2への移行 など

設備や運用はデータセンターにお任せ
ビジネスリソースをICT戦略に集中

BizVision PLUS 400のご利用前とご利用後の図

社内で管理されていた「AS/400」「i Series」「PowerSystems」をクラウド環境へ移設します。 堅牢なデータセンター環境で、最適なサーバーリソースをご活用いただけます。

「ISO/IEC 20000」「ISO/IEC 27001」取得。 
ISO/IEC 20000ISO/IEC 27001

サービスの特長

ビジネスの規模に応じたサービスパック

ビジネスの規模に応じて3種類のパックを予めご用意。規模に応じた運用管理サービスも予めパッケージングいたしました。また、CPUやメモリなどの拡張性も確保。ビジネス規模に応じた最適なICT投資を実現します。

24時間ベースの運用管理サービス

ジョブの稼働管理、大量印刷、封入封緘といった業務運用サービスを提供。AS/400上の業務システムの運用を24時間ベースでフルサポートします。

AS/400環境とオープン系のハイブリッド構成

AS/400と連携するオープン系システムも含めてクラウド活用いただけます。インターネット帯域の確保や、オープン系のクラウドサービスのご利用など、AS/400環境の業務システムの孤立化を防止すると同時に、ネットビジネスの推進をご支援いたします。

サービスパック

カテゴリ HDD CPW メモリ 月額※1 運用管理 オプション
死活監視 HDD監視 操作※2 ハード 操作※2
小規模 140 GB 240 2 GB 5万~     HDD増設
メモリ増設
LANポート増設
LTO増設
バックアップ
封入封緘
メッセージ監視
など
中規模 560 GB 960 8 GB 20万~  
大規模 1120 GB 2400 26 GB 50万~

※1:初期費用として、月額費用の1ヵ月分が必要です。
※2:日次30分程度の定期オペーレーションを想定しています。
※3:ネットワークについては、別途お見積りとなります。

「AS/400」「i Series」「Power Systems」は、IBM Corporationの商標です。
Advanced Business Partner IBM

ご利用までの流れ

調査
  • 現状のシステム分析を行い、必要キャパシティ・費用対効果を算出します。
計画
  • バックアップ取得方法やリスク分析などを踏まえ、移行計画を立案します。
移行
テスト
  • 計画に記載した方法で、問題なく作業を進められるか、リハーサルを実施します。
移行
  • 現在のシステム環境からクラウド環境へリソース・データを移行します。
運用開始
  • システム監視やバックアップ取得、障害復旧などシステムの運用管理を代行します。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232携帯電話の場合:03-5789-2442

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

page top