さまざまな引越し形態に対応
データセンター引越しサービス

情報システムの運用基盤であるデータセンターは、
立地や電源設備、セキュリティなどファシリティの機能や性能が注目されがちです。

でも、本当に立地やファシリティだけを重視すれば良いのでしょうか?
単純に設定場所を移すだけで戦略的ICT投資やコスト削減につながるでしょうか?

  •  運用コストを改善・最適化したい

    • ●事業拠点の移動により、コスト削減を図りたい。
    • ●分散しているマシンルーム/データセンターを集約したい。
    • ●メーカーやキャリアに依存した不要なコストを抑えたい。
  •  コアとなるビジネスに集中したい

    • ●障害対応やオペレーション業務を減らし、本来の情報システム部門の業務の時間を創出したい。
    • ●データセンターとクラウドサービスを使い分け、ICTをビジネスに効果的に活用したい。
    • ●柔軟で、手厚い運用管理サービスを活用したい。システムのオペレーションは任せたい。
  •  ランクUPしたICT環境に移行したい

    • ●運用管理がもっと充実したサービスを受けたい。
    • ●高品質、広帯域なインターネット環境を利用したい。
    • ●建物や設備の老朽化、スペース不足を解消したい。
    • ●BCP/DR対策※で安全性を高めたい。

      ※ BCP…Business continuity planning(事業継続計画)
        DR …Disaster Recovery(災害復旧)

データセンター引越しサービスの効果

  • 1運用管理のトータルコストを削減

    データセンター移行専門のシステムエンジニアが、お客様の現状を調査し、計画から設計、構築、運用管理まで、総合的な運用コストの削減を実現します。
  • 2本来のビジネスの加速

    過去の成功事例に基づいた70種類以上のキメ細かな運用サービスでお客様のビジネスを手厚くサポート。情報システム部門の本来の役割である、ICT戦略の立案やスキル向上へのパワーシフトを促します。
  • 3より充実したICT環境の活用

    シーイーシーの全国5カ所のデータセンターでは、24時間365日システムの安全稼働を監視。インターネットには、高品質・広帯域のMEX※をご利用いただけます。障害対応にもSEが即応し、快適なシステム環境でビジネスの継続的な安定稼働を実現します。

    ※ Media Exchange Service

費用対効果の事例

  移行対象 概要 移行期間
(計画~運用まで)
費用 効果
銀行業 Webサーバー データセンター移行 4ヵ月 230万円 運用費用
28%削減
保険業 基幹システム
AS/400 2台
サーバー統合
データセンター移行
12ヵ月 1,600万円 運用費用
45%削減

「費用対効果」の査定を無料で行います。

引越し形態

単純移行

現在ご利用中のデータセンターから、弊社データセンターへ移行を行います。お客様の事業拠点から弊社データセンターへの移行も行います。

集約移行

複数の拠点のサーバーを統合しながら、1ヵ所のデータセンターへ移行を行います。データ統合やシステム統合にも対応可能です。

クラウド移行

データセンターへの通常のサーバー移行(物理的な移動)と合わせ、部分的にクラウドシステムへの移行を行います。

ご利用までの流れ

査定
  • お客様へのヒアリングを行い、移行前後の費用対効果を無料で査定します。
調査
  • サーバーの地理的配置、データ連携など現状調査を行い、移行範囲を決定します。
計画
  • 移行期間・体制・調達方法などを検討し、運用設計も含め、移行計画を立案します。
移行テスト
  • 計画に記載した方法で、問題なく作業を進められるか、リハーサルを実施します。
移行
  • 現在のシステム環境から新しいデータセンターへ、最小のダウンタイムで移行を実施します。
運用
開始
  • システム監視やバックアップ取得、障害復旧などシステムの運用管理を代行します。

お電話でのお問い合わせ(受付時間:平日9:00-17:45)

0120-057-232

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

page top